読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主系帰国子女の続くかどうかわからないブログ

日記みたいな感じで、日々のことを記録していきたいです。

私があほなだけかもしれない。

先週の木曜日、今話題の『ラ・ラ・ランド』を見に行った。ベルギーの色んな所に広告が貼ってあって、「今年 (2016年) 一番の映画!」とか、ロンドンに行った時も、『ラ・ラ・ランド』の広告だらけで、友達にも「見に行った方がいいよ!」って言われて見たが、期待しすぎたせいか、いい映画だったけど、思ったほどではなかったです。

 

なんか見終わった後スッキリしなくて…

 

映画の終わり方に納得がいかなかったのかな?と、最初は思っていました。まぁ多分それもちょっとあると思う。ちょっと最後のほうがわかりにくかったです。私がただあほで理解できないだけかもしれないけど。だけど多分ミュージカル映画があんまり好きじゃないのかもしれない。っていうか、やっぱり歌とかは生で聴いた方がいいなーって思いました。『サウンド・オブ・ミュージック』は好きだったけど。

 

でももちろんいいところも沢山あって、例えばジャズ。ライアン・ゴズリング演じるセブはジャズピアニストで、映画の様々な場面でジャズが流れていました。ジャズピアノを習っていた私からしてみたら、テンションが上がります。

 

あと、ダンスが見てて楽しかったです。主演の二人はもともとダンスが得意なのかな?それともめっちゃ練習したのかな?とにかく上手かったし、楽しそうに踊ってました。

 

そして、夢を追い続ける二人が恋に落ちるとか、王道のラブストーリーでよかったです。最後がわかりにくかったけど。私がばかなだけかもしれないけど。

 

『ラ・ラ・ランド』の予告です。

 

www.youtube.com

 

是非、ミュージカルで見たいです。