三日坊主系帰国子女の続くかどうかわからないブログ

日記みたいな感じで、日々のことを記録していきたいです。

貸したい貸したい病。

来週友達のCちゃんが、なんかでサルサを踊ることになったらしくて。自分の家には、サルサを踊るのにいい感じのスカートとかワンピースがないから、それをお母さんの友達のところに借りに行くってことで、今日は一緒にそのお母さんの友達のところに行ってきました。

 

その友達は衣装やら靴やら沢山持っていて、Cちゃんは4、5着ぐらい試してました。で、「これにするー。」って言ったのが、胸元めっちゃ空いてるやつで。私は心の中で「まじか!」って思ったけど、一緒に来ていたSちゃんや服を貸してくれるおばさんは「いいねー。」みたいなことを言ってて。いやこれじゃさすがにポロリだろって思って「でもー、ちょっと胸元がー。ねぇ?」って言ったら、「あ、そうかもね。じゃあ中になんか着る?」って。もしかしてSちゃんもおばさんも最初から胸元気になってたのかな。どうでもいいけど。

 

そのあと靴選びとかアクセサリー選びとかやったんですけど、気になることがあって。このおばさんもしかして『貸したい貸したい病』かも…って。

 

だって靴選びをするとき、どの靴もヒールが高くて、普段そういう靴を履かないCちゃんがすっげえ歩きづらそうにしてて。で「私家に一足だけサルサ踊るときに履けそうな靴があって。それはあんまりヒール高くないんで、それを履こうと思います。」ってCちゃんが言ってるのに、「う~ん、でも靴はちゃんと本格的なやつ履かないと、足痛めちゃうわよ。これ貸すから、ね?」ってそのおばさんは言ってて。本格的、か…。確かに靴が入ってた袋にでっかく「MADE IN ITALY」って書いてあったな~。

 

まぁ靴の段階では何とも思わなかったんですけど、そのあとワンピースの上から着るカーディガンがあるかどうかって話になって。Cちゃんが、カーディガンならあるって言ってるのに、「あーでもちょうどそれにあるカーディガンがうちにあるのよね~。試着してみる?」ってそのおばさんがいうから借りることになって。

 

次に、アクセサリーを選ぶことになりました。Cちゃんはまた、アクセサリーなら持ってるって言ってるのに、「すごいゴージャスなネックレスがうちにあるからこれももってけば?」ってネックレスも借りることになったし。

 

もうこれで終わりかなーって思ったら、「上に着るコートとかある?」っておばさんが聞くから、「コートぐらいあるだろ!」って思って。Cちゃんも「大丈夫です。コートならあります。」って言ってるのに、「ちゃんと長いコート?持ってるやつが長くないなら貸してあげてもいいわよ?」みたいなこと言ってて。いや長いかどうかはどうでもいいだろ!コートなんて会場ついたら脱いじゃうんだから!

 

で、もう帰るってなったときに、「それなくしたり、傷つけないように気をつけてね!結構いいやつだから!」っておばさんがCちゃんに言いました。

 

じゃあ貸すなよ!ワンピース以外全部持ってるって言ってたじゃん!絶対貸したい貸したい病!

 

まぁただただすっごい優しいおばさんだったのかもしれないんですけどね。